スキンケアアドバイザー 資格

スキンケアアドバイザーの難易度と合格率を徹底解説

美容業界や医療業界で働く女性から人気のあるスキンケアアドバイザー資格。

スキンケアアドバイザーは肌トラブルのスペシャリストの証明になるので、就職する業界によって資格取得を目指す女性も多いでしょう。

資格取得を目指す人であれば誰でも気になる、スキンケアアドバイザー資格の試験の難易度について解説します。

初めに結論から言ってしまうと、スキンケアアドバイザー資格の難易度はかなり易しいレベルです。

誰でも100%取得できる…というわけでありませんが、コツコツ真面目に勉強すれば資格取得は決して難しくありません。

スキンケアアドバイザー資格の難易度はかなり易しい

スキンケアアドバイザーの難易度が易しい理由として以下の2つがポイントになります。

ポイント

・通信講座受講とレポート提出が資格取得の条件

・実技試験と筆記試験はなし

スキンケアアドバイザーを取得するために「書店でテキストを購入して、独学でコツコツ勉強して、試験で一発合格を目指す」ということは必要ありません。

通信講座受講とレポート提出が資格取得の条件

スキンケアアドバイザー資格を取得する条件は、日本スキンケア協会が提供している「スキンケアアドバイザー通信講座」のカリキュラムでスキンケアについて学び、課題レポートを提出して正解率70%以上を達成できれば資格取得となります。

通信講座の期間は6ヶ月間。

その間に日本スキンケア協会から送られてきたテキストを学習して、公式課題レポートを提出することが資格取得の条件です。

提出した課題レポートが正解率70%以下で不合格になっても、通信講座の期間内であれば何度でも繰り返しレポート提出が可能です。

一度不合格となっても通信講座の期間内であれば何度でも再チャレンジができる…一発試験と違ってアンラッキーやマグレで合否が決まらないのは嬉しいポイントですよね。

実技試験と筆記試験はなし

スキンケアアドバイザー資格を取得するための実技試験と筆記試験はありません。

繰り返しになりますが、通信講座の期間内に提出する課題レポートが試験のような役割になります。

試験日が決まっていたり、過去問を勉強して試験問題の傾向を調べたりする必要がないのはありがたいですよね。

スキンケアアドバイザー資格を取得するポイントとして、スキンケアに関する専門知識を学習できたかが最重要になります。

スキンケアアドバイザー資格は独学での取得は不可能

ここまでスキンケアアドバイザー資格の取得方法について説明してきましたが、「独学でもスキンケアアドバイザーの資格は取得できるのか?」ということも気になりますよね。

結論から言うと、スキンケアアドバイザー資格は独学で取得することは不可能です。

スキンケアアドバイザー資格を取得するためには、日本スキンケア協会の通信講座の受講と課題レポートの提出が必須となります。

 

まとめ:スキンケアアドバイザーはしっかり学習すれば取得は難しくない

あくまでわたしの個人的な感想ではありますが、スキンケアアドバイザー資格の難易度はかなり易しいと感じました。

例えるなら、販売士3級や簿記3級よりも難易度は低いでしょう。

その理由としては「試験がない」「レポート提出の期限が長い」というポイントが大きいですね。

しっかりとコツコツ学習するのが最も重要な資格なので、これまでに資格の勉強をしたことのない人にもおすすめの資格と言えるでしょう。

トップページへ

-スキンケアアドバイザー, 資格