スキンケアアドバイザー 仕事

看護師がスキンケアアドバイザー資格を取得するメリットを徹底解説

投稿日:

 

エステティシャンや化粧品販売員など、美容業界から絶大な人気のあるスキンケアアドバイザー資格。

一般的に「スキンケアアドバイザーは美容に関する仕事に役立つ」というイメージが根強いですが、看護師や皮膚科スタッフとして働く方もスキンケアアドバイザーを取得しています。

スキンケアアドバイザーを取得した人の職業分布を調べてみると、なんとスキンケアアドバイザーの14%の人は医療関係者です。

そこで今回の記事では看護師がスキンケアアドバイザーを取得するメリットを解説していきます。

スキンケアアドバイザー通信講座はこちら

スキンケアの専門知識は医療業界で大きな強み

「スキンケアアドバイザー資格は医療でも役に立つの?」と疑問に感じる方も多いと思いますが、医療業界でもスキンケアの専門知識は大きな強みとなります。

もちろんスキンケアアドバイザーは民間資格というこもあり、必ず取らなければいけない資格というわけではありません。

しかし、美容皮膚科や美容クリニックではスキンケアの知識は非常に重要です。

医療美容に興味があり、転職やステップアップを考えている看護師にスキンケアアドバイザーはおすすめの資格です。

看護師がスキンケアアドバイザーを取得する2つのメリット

看護師がスキンケアアドバイザー資格取得するメリットは以下の2つです。

看護師がスキンケアアドバイザーを取得するメリット

・肌トラブルの専門知識が身につく

・患者さんとの接客技術が身につく

というポイントです。

スキンケアアドバイザーの資格は皮膚科や美容クリニックなどの職場で活かすことができるので、看護師としてステップアップを考えている人には特におすすめです。

スキンケアアドバイザーを取得するメリット①肌トラブルの専門知識が身につく

スキンケアアドバイザー資格は肌トラブルの専門的な知識を持っている証明になります。

資格取得の過程で、皮膚の複雑な構造やスキンケアの手順などを徹底的に学習できます。

スキンケアアドバイザーの教本は医師とトップエステティシャンが監修していることもあり、実践的なノウハウを見つけられるのがメリットです。

肌トラブルを抱えた患者さんの立場からすると、看護師がスキンケアのスペシャリストだったら安心できますよね。

スキンケアアドバイザーを取得するメリット②患者さんとの接客技術が身につく

スキンケアアドバイザー資格を取得すると、患者さんやお客さんに喜ばれる接客技術も習得できます。

通信講座のテキストの中に「スキンケアアドバイザーのためのお客様に愛され続ける接客術」という教本が含まれています。

エステティシャンや化粧品販売員などの美容業界で働く人に必須な能力ですが、患者さんと直接コミュニケーションを取る看護師にも役立つ情報を学習できるでメリットは非常に大きいです。

肌トラブルを抱えた患者さんの気持ちを理解できるようになり、信頼できる看護師になれるのは仕事を続けるうえで大きなモチベーションになりますよね。

説得力のある話し方や納得してもらえるテクニックが満載なので、プライベートでも役に立つ情報が満載です

スキンケアアドバイザー通信講座はこちら

スキンケアアドバイザーは忙しい看護師でも取得しやすい資格

「スキルアップしたいけど仕事が不規則で忙しすぎて資格勉強の余裕がない…」という悩みを抱えている看護師は非常に多いです。

せっかく勉強したのに試験で不合格になっていまったら…と考えるとなかなか資格を取る気も失せますよね。

しかし、スキンケアアドバイザーの資格取得条件は試験ではなく通信講座の受講です。

自分のペースで通信講座で学習して、課題レポートを提出すれば取得できるので忙しい看護師と相性の良い資格と言えるでしょう。

「忙しいけど看護師としてステップアップしたい!」

「スキンケアの専門知識を活かして転職を有利に進めたい!」

などと考えている看護師は是非スキンケアアドバイザーを取得して看護師してレベルアップに努めましょう。

スキンケアアドバイザー通信講座はこちら

トップページへ

-スキンケアアドバイザー, 仕事

Copyright© スキンケアアドバイザーナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.